1: わらにゅー人 2014/11/26(水) 20:53:22.99 .net
立ったら書きます。メシウマ歓迎。

3: わらにゅー人 2014/11/26(水) 20:57:43.89 .net
一か月前に4歳年下の彼女に振られた。原因はおって話すとして実は俺はこの子
と七か月前に一度復縁しているんだ。

5: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:00:33.39 .net
最初に出会ったのは2月くらいだったかな。俺はある女の子に手作りお菓子をもらう
約束をしていたんだ。

スペック
俺:22歳 大学生 内定済み

元カノ:19歳 大学生 

6: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:02:51.62 .net
俺は最終学年ということで自分の研究室を持っていてそこでその女の子を待って
いた。まあその子には下心的なものは全くなくただ単に手作りお菓子がくいた
かっただけなんだがな。で、部屋でモンハンしてたらその子(仮にA子とする)
が来たんだ

7: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:07:09.44 .net
うっひょお来たぜって思ったら見慣れない子が一人いる。まあ付き添いだろう
と思い軽く顔を見てからA子からお菓子をもらった。俺自身お菓子つくりが好き
だからA子にはお返しをする約束をしていた。

俺「ありがとう!来週にはお返し作ってもってくねー」

A子「やったー!」

???「私にもおねがいします!!!」

俺「誰やねんお前www」

察しのいい人はわかるかと思うがこの子が元カノだ。

8: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:11:03.52 .net
俺は初対面の女の子にいきなり菓子をせがまれた。正直引いた。
しかしまあ仲間外れにするのは可哀想だし気が引ける。けど自分だけ
一方的にあげる、しかも初対面の元カノ(元子とする)というのもあってこれはこういった。

俺「なんか作ってきてくれたらあげるわ」

元子「はい!作ってきます!」

単純だった

9: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:15:58.86 .net
まあそれをきっかけに俺はツイッターをやっていたのでA子にツイッターで
アカウントを聞いて元子をフォローした。ツイッターでもちょこちょこ
絡むようになっていった。だがその時点で俺は元子に対して恋愛感情的な
ものは全くなくフォロワーの一人っていう感覚だった。それは元子も同じ
だったと思う。

10: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:20:38.40 .net
その後俺は約束通り自分で作ったお菓子を渡しにいった。その時たまたまA子が
出払っていたため元子だけが出てきた。これで会うのは二回目である。LINEを
知らなかったので教室の前にきてツイッターで呼び出した。

ガラッ
元子「俺さん?」

俺「おすおす」

元子「早くください!」

二回目にも関わらずだいぶなれなれしかった気がする。

11: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:24:17.93 .net
その時点でもお、おうと思ったがもってきたのであげた。

元子「やったー!じゃあこれ全部あげますね!」

そう言われてもってきたタッパーを開けてクッキーを大量に出してきた。

俺「どうやってもってくのwww」

元子「両手でもっていけばいける!」

そう言われて恐らく残りものであろうクッキーを持たされた。

12: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:28:52.45 .net
まあ別にいいかと思いクッキーをもってその場を後にした。
今思えばぶっちゃけそのクッキーは美味しいとは思えなかったが
手作りのお菓子というものは非常にうれしかった。
その後ツイッターで元子から

元子「俺さんのつくったのすごい美味しかったです!!!え!?って声でました!!!」

みたいなリプが送られてきた。人に褒められるのはうれしいので俺も

俺「ありがとう!!元子ちゃんのもおいしかったよーありがとうねー」

みたいな返事を返した。恐らくだがそれをきっかけに元子とはツイッターでの

交流も増えた気がする

13: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:31:15.71 .net
まあそこからたまたま俺のLINEがツイッターで流れてそれを元子が入手して
交流の場はツイッターからLINE中心になった。他愛のない会話をお互いの
気が向いた時にするという形でLINEを交換し合ってた。

14: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:36:05.36 .net
ある日元子からこういうLINEが来た

元子「俺さん。ローラースケートがしたい。」←この時点でもうほとんどため口だったと思う

俺「急やな。」

元子「テスト終わったら連れて行ってください。」

ん?これはデートのお誘いか?と思った俺は

俺「え?二人で?」

と聞いた。すると

元子「ないwwwwwww二人っきりとかないwwwwwww」

俺「しんでしまえwwwwwwwwwwwww」

元子「誰か誘って三人くらいで!」

俺「いいよー」

俺自身女の子と二人で遊ぶことは慣れているので二人でも別によかったのだが
まあテストが終わったらもう一人いれて遊ぶ約束をした。(させられた?

15: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:37:58.75 .net
まあそんなわけでテストが終わって遊びにいくことになった。ちなみに
元子と遊ぶのはそれが初めてだ。しかしここで問題が起こる。もう一人連れて
行く子は元子が確保しており俺も知っている子だったのだがその子がこれなく
なってしまった。

16: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:42:41.50 .net
俺「え?○○これんくなったん?」

元子「そうーもう一人来れる人探すからまっててー」

と言われ俺は車でしばらく待っていたがどうもなかなか見つからない。

元子自身相当焦っていたと思う。なので俺は別に後日でもかまわないと伝えた


元子「せっかく俺さんが予定をつくってくれたのに悪い。けどどうしよう・・・」

そこで俺はものはためしに

俺「別に俺は二人でもいいんだけど」と言ってみた。すると最初はしぶっていた元子だったが

元子「じゃあ二人で行きましょう」と言った。

結局俺はこの馴れ馴れしい女と初めてデートすることになった。

17: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:46:23.01 .net
そこはスポーツ集合施設のようなところでゲームセンターなどもある。

俺「あんまりこういうところ来ないの?」

元子「そうですねーあんまりこないです。だからすごく楽しみ!」

俺「へー」

そういいながら目的地に到着し入場した。

18: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:50:10.54 .net
入場したら元子はすごいわくわくした様子で楽しそうだった。
あれがしたいこれに乗りたいと動きまわっていた。
俺はそれについていく保護者といった感じで一緒にまわっていた。
ゲーセンでプライズをとったりとはたから見たら彼氏彼女的な様子だったが
先ほども言った通り俺は年齢的にも俺は娘のような感覚しかなかった。彼女も同様だろう。

19: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:54:35.74 .net
その後日も暮れて俺は元子を家まで送ってあげた。そして車内で元子が

元子「今日はありがとうございました!」

俺「いやいや俺も楽しかったしありがとうね」

元子「正直二人でいくか最初はちょっと悩んだけど全然大丈夫だった!今度からはもう全然余裕!」

俺「全然緊張してる様子とかなかったよw」

元子「いやー結構無理してたよwwwけど俺さん優しいし楽しいから大丈夫だった!」

俺「あーそうw」

元子「また遊んでね!」

俺「はいはい」

と言いながら家まで送ってそのまま俺も帰った。

20: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:57:41.36 .net
童貞が読むと完全にフラグが立ってるとしか思えないと思うが俺は恋愛的な
ものは全くなく異性の遊び相手が一人増えたなという感覚しかなかった。
実際女友達はそこそこいるし。それから元子と遊ぶこともなかったと思う。

ある日元子からまたLINEが来る。

元子「俺さん。ここに遊びに行きたい」

東京にある店だった。

21: わらにゅー人 2014/11/26(水) 21:59:55.33 .net
俺「行って来ればいいじゃんw」

元子「行く人がいないから行けない。それに東京みたいに遠いところ一人でいくのは怖いから無理」

俺「知らんwwww」

元子「えーけど行きたい」

めんどうだった。

22: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:02:04.89 .net
俺は自然にこういった。

俺「俺がついて行ってあげようか?」

さすがに男と日帰り旅行はないだろう。と思ったが

元子「え!いいんですか!やった!」

むしろ俺がいいんかいwwwと思った。

23: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:04:23.31 .net
元子「行き方とか全然わかんないんでお願いしますね!」

俺「は?自分で調べてよwww」

元子「おねがいしますぅ」

俺「^ω^・・・」

結局電車のチケットや行き方など全部俺が調べて行くことになった。
チケットだけは二人で買いに行ったがな。

24: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:05:06.23 .net
うん

25: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:06:37.34 .net
続けて

26: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:07:52.22 .net
そして俺はまた保護者的な感覚で旅に同行することになった。
朝早くに元子を迎えに行き、電車に乗り、店の行き方を俺がナビをし
目的地に到着した。至れり尽くせりである。旅は途中でトラブルがあったり
したが何とか無事に終わり、夜中に帰ってきた。

27: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:10:46.51 .net
見てくれてる人がいてとてもうれしいです。ありがとう

夜中に駅に到着してまた俺は元子を家まで送ってあげた。
元子は旅の疲れからか完全に寝入っており車の後ろで横になっていた。

俺は彼氏でもない男の車の横で寝るなんてどういう了見wwwと思ったが
まあ年下だし怒ることもないかなと思い元子の家へ向かった

28: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:12:40.55 .net
元子の家についたので元子を起こした。時間はもう0時を過ぎていたと思う。

俺「おーいついたぞ。起きろ。」

元子「はーい。。。送ってくれてありがとうございます」

完全に寝ていたようである。

29: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:15:12.59 .net
夜も遅いしすぐ帰るつもりだったが一日一緒にいたからかなんだか名残おしい気になった。

元子「今日はありがとうございました!行けてよかった!また一緒にいこう!」

そういって元子は笑顔になった。その顔を見た俺は自然に元子の肩に手をおき

俺「おう!またな!」

と言って何もせずに帰った。

30: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:18:09.70 .net
ふむふむ

31: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:18:39.67 .net
まあ年下だし関係もなんだが父と娘っぽいよなという気持ちが強かった俺は
元子に対して何かしたいとかそういう気持ちは全然なかった。
実際それから元子と連絡を取り合うことはあってもどこかに行くとかはなかった
しこっちから誘うこともなかった。
数日後、元子からこういうLINEがきた。

元子「俺さん。そろそろ私の誕生日だからプレゼントよろ!」

俺「は?wwwwwwwwwww」

今考えたら虫が良すぎる話である。

33: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:21:53.50 .net
出会って一か月ほどの女の子にプレゼントをねだられたのは初めてである。

しかし俺は

俺「えーwwwwなんか欲しいもんあるん?」

と聞いてしまった。

元子「なんでもいいですよ!高価なもので!」

用意がよすぎである。

34: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:25:19.51 .net
それから俺は元子にあげるプレゼントについて真剣に考えていた。
しかし俺はあることを思う。

なんで俺は彼女でもないあの子にここまでしているんだろう・・・

今までもあそこにつれていけここにいきたいとわがままを言われ
終いにはプレゼントまでねだられている。興味がない子だったら
普通切れるかフェードアウトしている。だが俺は元子に対しては
怒る気になれないしむしろウキウキしている。

そこで俺は気付いた。恋をしていることを。

36: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:28:13.94 .net
元子に恋をしていることに気付いた俺はそれからどうすればあの子は喜んで
くれるだろうかを考えて行動するようになった。しかしデートや旅行などで
結構な信頼関係を築いていた俺たちはとくにギクシャクすることはなかった。
いつも通りである。

37: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:32:40.15 .net
ある日元子を含めた共通の知り合い3~4人と出かけることがあった。
遊んでる最中も元子は楽しそうで俺自身もとても楽しかった。
そして日も暮れて何人かを自宅に送ることになったが人数の関係で元子が
乗れなくなってしまった。
元子「じゃあ私はバスに乗って帰るね」
と言った。しかし元子だけを歩いて帰らせるのは嫌だった俺は
俺「乗れる乗れる。そんなこと言わんで乗ってきな」
と言って無理やり乗車させた。
今思えばここで元子を乗せるか乗せないかで結果は大きく変わったと思う。

38: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:35:27.13 .net
全員を送りいつもどおり元子を家に送っていた。その時元子が、

元子「あーめんどくさいー」

俺「どうした。」

元子「最近ある子からすごく言い寄られている。とてもめんどくさい」

俺「そうなんか。大変やな。」

元子「クラスメイトに相談したらお前も彼氏を作って身を固めたら?って言われた
んだけど相手なんておらんしなー」

俺はここしかないと思った。

39: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:36:59.82 .net
俺「えーけど俺元子のこと好きやよ?」

元子「えー本当にー?ありがとうー」

車内に若干きまずい空気が流れる。運転中だったのもあり俺はとりあえずだまった。

40: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:42:17.46 .net
そして車を止めていった。
俺「あのさー」かなり動揺していた。

元子「なんでしょう」元子も動揺している。

俺「さっきも言ったけど俺は元子のことが好き。一緒にいて楽しいし
わがままとかも聞いてあげる気になれる。普通の子にはない感情だと思う。
今まで何回遊んだけどこれからも遊びたいし付き合ってくれたら誘いやすい。
けど友達としか見れんっていうのがあるかもしれんからもしそうやった断って
くれてもいいしいつも通りに遊びに誘うと思う」
と言った。

41: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:45:17.89 .net
元子「えーーーーーーーーー・・・・びっくり・・・」
元子自身まさか俺に告白されるとは思っていなかったらしい。

元子「えーどうしよう・・・けど俺さんと遊んでると私も楽しいしな・・・」

とても悩んでいた。俺も交渉する。そして最終的に

元子「よし。付き合う。」

寄り切りである。

42: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:48:14.50 .net
俺「ほんと!?やったー!」

絶頂だった。

元子「よろしくおねがいします。」

俺「あ、こちらこそ」

なぜここで形式挨拶?と思ったが何はともわれ告白に成功した。

その日は夜も遅かったため何もせずに帰った。浮き足だって帰り事故り
けたのは別の話。

43: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:52:44.32 .net
それから俺は元子と付き合うことになった。周りに行ったところえ!?
付き合ってなかったんですか!?とそっちを驚かれた。
まあ実際ツイッターの絡みや普段の行動も彼氏彼女の関係みたいだったので
俺もそんなに違和感はなかった。やっとまとも感じになれたといった感じだった。

44: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:55:37.48 .net
それから何か特別なことはあったかと言われると本当になかったと思う。
今まで通りだった。それだけ俺たちは付き合う前から付き合ってるみたいな
行動をしていたんだと思う。俺自身彼女は大事しないといけないと思っているから
すぐにキスを迫るとかそんなことは一切せずに彼女のためを思って大事にした。

45: わらにゅー人 2014/11/26(水) 22:58:31.65 .net
だがいい歳をしたカップルである。お互いの経験人数が0人ということはあまりない
話である。そういった話から変な雰囲気になり付き合って一週間ほどで(自主規制
今まで彼女がいたことがあるが早すぎじゃねと思った。

46: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:00:30.83 .net
それから数日後、何事もなく仲良くすごしていたつもりだった。
しかしある日の夜、突然電話がなった。元子からである。
忙しかったので出れなかったのだが何度もかかってくる。
ただならぬ雰囲気である。俺は嫌な予感がした。

47: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:03:14.24 .net
俺は電話にでた。

俺「もしもし」

元子「あ?やっとでた!」

俺「どうしたん?」

元子「ねえ。突然なんだけど」







             別れよう

48: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:06:38.89 .net
予感が的中した。序盤にでてきたA子を覚えているだろうか?
実は彼女はその日A子の家にお泊りに行っていた。女二人で一体どんな会話
をしたのだろうか・・・俺は聞いた

俺「は?なんで?どうしたん?」

元子「俺君のしゃべり方とか笑い方が私が昔付き合っていた人と重なる・・・」

意味不明である

49: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:10:06.64 .net
俺「え?それ俺関係なくね?」

元子「ある。私はその人が生理的に受け付けなくなったから別れたんだけど
俺さんを見ているとどうしても思い出してしまう。」

俺「けど俺その人じゃないしその人みたいなことはしてないよ?」

元子「もう声とか笑い方が似てて本当に嫌だ」

謎である。そこで俺はあることを聞いた。

俺「お前酒入ってる?」

50: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:13:09.20 .net
しゃべり方や別れ話をしているのにテンションが高いところから俺は
酒が入ってると思った。元子は未成年である。

元子「うん。飲んだ。」

俺「お前酒が入って考えたことは全部ウソだぞ。」

元子「そんなことはない。酒が入ったからこそ本音がでる。」

俺「冷静になってない時の考えなんて本音じゃない。」

元子「そんなことはない。」

もう意味が分からなかった

51: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:17:01.54 .net
俺「そんな声とか俺の性格が関係ないところで嫌って言われても納得できない」

元子「性格的なというか行動で気になるところがある」

俺「なにそれ?」

元子「俺さんは私に色々してくれるけどそれってなんで?」

俺「それは元子を大事にしようと思ってるからだよ」

元子「なんかそういうのが全部重い」

謎である

52: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:21:52.66 .net
俺「は?彼女のためになんかしようと思うことがいけないことなの?」

元子「そこまでされるほど私は受け止めれない」

俺「俺は彼女は大事にしようと常に思ってるし当然だと思ってる。何より
俺は常に嫌われるんじゃないかと不安に思ってるし俺がなにかすることで
楽しく思ってくれるんなら何でもしたいと思ってる。俺だって不安で苦しい」

元子「そういうのが全部重なる。気持ち悪い」

限界だった

53: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:23:35.77 .net
元子「もう別れようよ」

俺「えー。。。けど嫌いになったとかじゃないのに別れるのは納得いかん」

元子「じゃあ嫌い」

俺「そうか。。。」

この時点で俺はもう自暴自棄になりどうでもよかった。

54: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:25:36.56 .net
俺「最後にいっておく。酒を飲んでから決断したことは後々後悔するよ」

元子「絶対しん」

俺「そうか。じゃあな。今までありがとう」

元子「うん。」

こうして俺は元子に振られた。20日ほどの短いリア充生活だった。

55: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:47:31.23 .net
復縁の話がまだなんですが!

56: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:52:10.00 .net
ごめん規制食らってた。見ている人いますか?
電話を切った後俺は苦手な酒とたばこをたらふく飲んだ。
ひどく辛かった。涙もでた。

ツイッターを見ると別れたことを明るく報告する元子の姿があった。
正直へこんだ。

57: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:53:22.43 .net
みてるよー哀しかったんだね

58: わらにゅー人 2014/11/26(水) 23:53:51.29 .net
そして俺は寝た。嫌なことでも何でも寝たら通り過ぎるからだ。
ひょっとしたら寝て起きたらすべて元に戻っているかもしれない。
そういう期待を胸に寄せ起きた。

なにも変わっていなかった。

61: わらにゅー人 2014/11/27(木) 00:07:38.38 .net
まあ当然っちゃあ当然なんだけどまだ立ち直れ切れてなかった。

ツイッターを見ると元子も重いことを言っている。

俺もツイッターで今の心境を語ってみた。ひょっとしたら元子に
見てもらえるかもしれないそういった淡い希望も胸に抱いて書いた。

62: わらにゅー人 2014/11/27(木) 00:10:16.03 .net
見ている人ありがとうございます。規制が多くてちょっと停滞気味です申し訳ない。

特別扱いされるのが嫌なら仕方がない。前までの関係に戻るだけだと思う。
その旨をつぶやいた。

すると元子からも
「大人すぎる」というつぶやきが投稿された

63: わらにゅー人 2014/11/27(木) 00:26:37.36 .net
そこで俺はいちかばちかでLINEを送ってみた。内容は一言、俺の口癖にも
なっている。

「俺を誰だと思っている」

俺はすごいとか優しいとか言われた時に決まってこのセリフを言っている。
それは元子も知っているはずだ。まあもうブロックされているだろう。。。
と思い送信した。

64: わらにゅー人 2014/11/27(木) 00:31:17.55 .net
意外にもすぐ返事は返ってきた。ブロックはされてなかったようである。

元子「なんでそんなに優しいの?」

俺「昨日は感情的になってごめん、けど一つだけ約束してほしい。俺との
今までの関係を前の人のような黒歴史にはしないでほしい」

元子「うん。約束する。」

俺「今までありがとう。楽しかったです。」

元子「私もすごく楽しかった。落ち着いたらまた一緒に遊びたい。」

俺「今はなんとも言えないけどまた連絡する。」

元子「わかった。」

そういって俺はトークを消した。

66: わらにゅー人 2014/11/27(木) 00:59:36.98 .net
しかし俺は振られてから遊ぶという感覚は無理だった。
あの子との関係はもう終わったんだ。これ以上あの子に関わるのは
やめておこう。そう自分に言い聞かせもう元子と連絡をとるのはやめようと
心に決めた。そして俺は新たな一歩を踏み出す決意をしたのだった。

しかし、その日の夜、元子から連絡がくる。

元子「会いたい」

67: わらにゅー人 2014/11/27(木) 01:03:13.41 .net
俺はすごく動揺した。数時間前にもう終わったじゃん。
俺は今まさに新たな一歩を踏み出そうと決意をしたばかりだったじゃん。
それをもう壊そうとするのか?

俺「は?なんで?もう終わったことじゃん」

元子「なんていうか。話がしたい。」

俺「どういうことか全然わからん」

元子「会ってください」

俺はひどく動揺した。

71: わらにゅー人 2014/11/27(木) 07:41:59.04 .net
幼稚すぎ

72: わらにゅー人 2014/11/27(木) 08:41:18.17 .net
何か相手が幼稚で我侭な分、>>1が可哀想になってくるが
>>1も同レベル話かもな

俺ならこんなウンコ相手、こっちからお断り

75: わらにゅー人 2014/11/27(木) 17:16:43.85 .net
ひどく動揺したが俺は会いにいく約束をしてしまった。
切り替えたつもりだったがやっぱりどこかに未練があったのだと思う。
その日は同級生と飲みに行く約束をしていたので
俺「分かった。夜になったら家に行く。」と言った。

元子「分かった。待ってます。」

失恋する前から同級生と飲む約束はしていたが思いがけない形に
なってしまったのでどんな顔で酒を飲めばいいかわからなかったので
結局俺は飯を食ってすぐ帰ってしまった。

76: わらにゅー人 2014/11/27(木) 17:19:56.94 .net
そして俺は元子の家に向かった。どう接すればいいかわからなかったが
意を決して向かった。一体彼女は俺に何を伝えたいのだろう。。。

家に到着すると玄関前でしゃがみこんでいる元子を見つけた。

俺「おう」

元子「あ。。。」

俺「まあ乗れよ」

元子「はい・・・」

俺は元子を車に乗せて人気のない駐車場に向かった。

77: わらにゅー人 2014/11/27(木) 17:26:32.13 .net
そしてエンジンを切った

俺「なんでしょうか」

元子「昨日はひどいこと言ってごめんなさい。悪いと思ってる。だから
俺さんが望むことを何かしようと思う。」

俺「その前にまず昨日なんであんなこと言ったかの経緯を話せよ」

元子「はい・・・」

78: わらにゅー人 2014/11/27(木) 17:35:33.87 .net
元子の言い分は
・まずA子に俺さんの話をしたら俺さんは元子に貢ぎすぎでなんか怖い、
やりすぎだと俺に対するマイナスイメージをたくさん言われ、酒が入って
いたせいもあり流されてしまった。
・冷静に考えると俺さんと元カノはぜんぜん違った。雰囲気とかは似てるところ
があるけど私と遊んでくれたりどこかに連れていってくれるなんて元カノは
一切してくれなかった。同じように思って悪かったと思ってる。
・けど言ったことはもう撤回しようがないから私は責任をとって俺さんが望む
ことをなんでもする。ツイッターやめろっていうんならやめるし姿を現すなっていうんなら
消える。

俺は黙って聞いた

81: わらにゅー人 2014/11/27(木) 19:59:43.82 .net
なんか、その子が子供すぎて。
一緒にいたら、確かに娘みたいな感覚かも知れんが。
あまりにも言動が幼すぎて、中学生と言っても違和感なし。

84: わらにゅー人 2014/11/28(金) 10:49:44.93 .net
確かに俺は傍から見たら貢いでるとしか思えない行動をしてたかもしれない。
ゲーセンに連れて行ってあげたり、遠出をしたり、家に招いて彼女がしたいゲームに付き合ってあげたり、
しかしそのたびに元子は楽しそうな顔をしていた。
俺は彼女に対してそれくらいのことをするのは当然だと思っている。

そして俺からも口を開いた。

89: わらにゅー人 2014/11/28(金) 15:52:27.95 .net
こんにちは1です。
今日は19時くらいからバイトなので書けるとこまで書いていきます。
俺は苦手なタバコを吸いながら言った

俺「お前は俺のことを嫌いと言った。もう一度聞くがあれは本当なのか?」

元子「・・・」

元子は黙った。どうしても気がかりだった部分はそこだった。
俺は自分のしたことに嫌われる要素が全くないと思っていた。
それなのに嫌われるのはなぜか。彼女の口から直接聞きたかった。
そして元子が口を開いた。

元子「酒が入ったせいがあり嘘をついてしまった。本当にごめんなさい」

案の定だった。

90: わらにゅー人 2014/11/28(金) 15:55:24.64 .net
やっぱり俺は嫌われてなかった。

俺「そうか。。。分かると思うけど自分が好きな人に嫌いと言われるのは
すごく悲しいことだ。けど相手が本当に嫌っているなら仕方ないと思う。
だがな、嫌いと嘘をつかれることはそれよりも悲しいことだ。」

元子「うん。。。うん。。。」


気付いたら俺は泣いていた。元子も泣いていた。

91: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:00:36.20 .net
俺は続けた。

俺「けど昨日もいった通り酒が入って考えたことに本音はないと思う。人は
理性があるからこそ人だ。だから俺は昨日のことを許そうと思う。」

自分でも何を言っているか分からなかった。しかし自然に許すという発想が生まれた。
それはなぜか。俺はそのくらい元子のことが好きだったんだと思う。

元子はびっくりしていた。まさか許されるとは思っていなかったのだろう。

92: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:01:45.05 .net
みてるよー

94: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:07:55.41 .net
>>92 ありがとうございます。

もうタバコの火は消えていた。
そして俺は一番聞きたかったことを聞いた。

俺「俺はおとといまでのお前の態度を見ていて昨日急に俺のことが嫌いといった
ことが本当に信じられなかった。そして今のお前を見て思ったことがある。」

俺「お前俺のことが好きなんちゃうんか!!!」

俺は消えたタバコをもちながら、泣きながら大声で言った。

93: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:05:00.04 .net
元子「え。。。いやいやそれはおかしい。なんで許してくれるの。優しすぎ。
お人よしすぎ。ありえない。おかしいおかしい。」

元子は動揺していた。それもそのはずだ。俺でも動揺すると思う。

俺は続けた。

俺「なんで許せるかというと酒が入っていったことは参考にならないということ。
お前にとって元カレがそんなに重い存在だと今初めて知ったから。そして今お前
が言っている本音を信用しようと思ったからだ。」

元子は涙をこらえながらだまっていた。

95: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:11:36.98 .net
デート中、元子は俺に何度もありがとうと言った。心の底から楽しそうにしている様子も見ていた。
俺のことを本当に信頼している様子を何度も目の当たりにしてきた。
全て演技かもしれなかったがそんな様子を見ていたから俺は元子は俺のことが
好きと確信していたし、そんな元子を見て俺もこの子が好きなんだなとわかっていた。

元子は涙をこらえながらいった。

元子「好き」

それで十分だった。

96: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:14:23.21 .net
俺「俺もお前のことが好き。じゃあそれでいいじゃん。仲直りしようよ。」

元子「うん。。。ありがとう。。。昨日は本当にごめん」

元子は号泣していた。俺も号泣していた。そして俺は元子を抱きしめた。

97: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:35:54.54 .net
お互いがお互いのことが好きなら恋愛は絶対に成り立つと思う。
そして何より泣きそうになりがら俺のことを好きという元子を俺は信じようと思った。
俺はいった

俺「これからも色んなとこ行って遊ぼう」


元子「うん、うん、ありがとう、ごめん、大好きだから」

確かにこの瞬間、この空間には愛があった。

98: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:50:58.57 .net
こうして俺は元子と1日で復縁した。甘いと思う人もいるだろう。
しかし俺は彼女を信じようと思った。

その後俺たちは車で公園に行った
3月の夜でめちゃめちゃ寒かったが身を寄せ合って会話をした。

元子「昨日電話を切ったあと、あ。。。終わったと思った。振った時にあんな感覚
になったのは初めてだった。」

俺「そうか。なんかうれしいわ」

元子「なんでwww」

楽しかった。

99: わらにゅー人 2014/11/28(金) 16:58:01.41 .net
元子は実家暮らしだったので2時間ほどで元子を家まで送った。

帰り際、元子に聞かれた。

元子「次はいつ会える?」

俺「いつでも呼んで、俺も連絡するし」

元子「やった。ありがとう。」

俺「ばいばい」

元子「ばいばい」

こうして俺は帰路についた。また事故りかけた。

100: わらにゅー人 2014/11/28(金) 17:07:33.99 .net
それから7か月、俺は元子と交際した。
色んなところへ行き色んなことをした。
俺と元子は二人で笑いあった。

時には喧嘩をしてそれこそ別れかけたこともあった。
しかし俺に好きという気持ちがあったので耐えることができた。
それは元子も同じだったと思う。

101: わらにゅー人 2014/11/28(金) 17:16:05.39 .net
俺は付き合っている間元子を何度も怒った。
元子はいいところがあるが欠点も多い子だった。

俺が怒る内容は誰に聞いても元子が悪いところだった。
元子は人の気持ちを考えることができない自由な子だった。

人というものはこう言えば相手がどう思うか、こういう態度をとれば相手はどう思うか、
を考えて行動、発言をしなければならない。元子はそういうところが足りない子だった。

102: わらにゅー人 2014/11/28(金) 17:19:59.62 .net
付き合って数か月後、それは俺に対して顕著に現れた。

俺だけにならまだいいが、そのような態度を他人にもとっているのならば
かなりまずいと思った。だから俺は元子を怒った。

そういう態度をとられて自分も腹が立つということもあるが元子のためにも
直してあげたかった。

107: わらにゅー人 2014/11/28(金) 21:52:22.66 .net
俺さんは私ににてるわ
元子は私の元に似てるなあ
まってます

108: わらにゅー人 2014/11/29(土) 00:18:08.17 .net
こんばんは。1です。待っていただいてありがとうございます。

俺が怒る理由は様々だったが根本をたどると結局人の気持ちを考えないという
点に戻るものしかなかった。しかしそれは元子も自覚していた。

初めのうちはなぜ怒られるのか分かっていなかったようだが何度も注意するうちに
だんだんよくなっていった。しかし気を抜くとすぐ同じようなことをしてしまう。

そして俺もまた怒ることになるのだが今思えば俺も厳しすぎたとは思う。

110: わらにゅー人 2014/11/29(土) 00:21:23.87 .net
あれ?重複投稿になったな。申し訳ないです。

ある日元子は俺にこういった。

元子「なんでこんな私を振らないのか。他の男子に聞くと俺なら絶対振る
と言っている。なぜ俺さんは許してくれるのか。」

俺「んーなんでだろう。なんだかんだで好きだからだと思うよ。」

元子「。。。ばか」

そういって元子は俺の胸に来た。元子も元子なりに苦しんでいるのだと思う。

これで大丈夫だろう。。。そう思っていた。

111: わらにゅー人 2014/11/29(土) 00:25:18.82 .net
しかし元子はまた同じことを繰り返した。正直俺も半ばあきらめていた。
なので元子が機嫌が悪そうだったら放置したし、気を遣って一人にしたりした。

そして機嫌が治ったら俺の元へやってくる。そういった気まま暮らしを元子にあげた。

しかしそれでも俺が我慢ならない点では怒ることはあった。

112: わらにゅー人 2014/11/29(土) 00:28:11.21 .net
そしてある日、俺は文化祭で元子に一緒に回ろうと言われ呼び出された。
しかし元子はその日他のことで忙しいと言っていた。
なので俺はその日文化祭に行く予定はなかったがせっかく元子が呼んでくれたんだ。
前日俺の用事でくたくたになっていたが俺は学校へいった。

114: わらにゅー人 2014/11/29(土) 00:30:01.01 .net
学校へついた俺は元子に連絡をした。しかし元子から返事がない。
おかしいなと思いつつまた連絡した。返事がない。

指定された時間に来たにも関わらず返事がない。なにかあったのだろうか。

そう思っていたら元子がいた。俺は声をかけた。しかし、元子から返ってきた言葉は

116: わらにゅー人 2014/11/29(土) 00:44:36.08 .net
元子「ちょ、今忙しいから、」

そう言い残して元子は足早に俺の元を去って行った。

俺は信じられなかった。呼ばれたから来たにも関わらずこの仕打ち。

117: わらにゅー人 2014/11/29(土) 00:46:19.68 .net
典型的な境界性人格障害ですわ
ボーダーに関わるといいことないから別れて正解

118: わらにゅー人 2014/11/29(土) 02:09:48.78 .net
そして俺は元子にLINEで猛抗議した。わりとすぐ返事が来た。

元子「ごめん」

それだけだった。

119: わらにゅー人 2014/11/29(土) 03:04:25.22 .net
なんか二重人格か?ってくらい酷いな
文化祭一緒に行くという約束を忘れたわけじゃないんだよな
これは一緒にいたら疲れると思うわ、いくら好きでも

120: わらにゅー人 2014/11/29(土) 03:11:02.78 .net
それから返事はなかった。しかし夜には連絡がくるだろうと思って放置しておいた。

しかし連絡はこない。

さすがの俺もまたLINEで抗議した。

俺「え?なにもなし?」

元子「ごめんなさい」

すぐ返信がきた。じゃあなぜ今まで放置していた。

121: わらにゅー人 2014/11/29(土) 03:13:38.37 .net
俺はLINEでいった。

俺「悪いと思ってるんなら普通すぐ謝りにこないか?」

元子「悪いと思ったがLINEですごく怒られたショックで会いにいけなかった」

俺「はい?じゃあそれで放置していいってことになるん?おかしくない?」

謎だった。

122: わらにゅー人 2014/11/29(土) 03:15:37.89 .net
続けた。

俺「え?俺全然納得してないんやけど」

元子「明日時間ある?」

俺「本当に悪いと思ってすぐ謝りたいと思ってるんなら今すぐこいよ」

元子「今は無理」

俺「じゃあなんでいける時に来なかったの?」

元子「ごめん」

ああああああああああああ

123: わらにゅー人 2014/11/29(土) 03:17:30.24 .net
俺「俺なら悪いと思ったら絶対すぐに直接謝りにいくけどね」

ここで元子、既読無視

俺「聞いてんの?」

元子「別れてほしい。私が100パーセント悪いことはわかってるけど
別れてほしい。ごめんなさい」

あまりにも急な展開に俺はものすごく動揺した。

124: わらにゅー人 2014/11/29(土) 03:20:18.48 .net
しかし俺は気が立っていたためすぐに決断してしまった。

俺「あっそ。じゃあもういいよ。」

元子「ありがとうございます。」

俺「今まで一緒にいて悪くなかった。」

元子「今までいろんなところに連れていってくれたり叱ってくれてありがとうございます。」

俺「じゃあな。」

かくして、俺と元子との関係はこんなあっさり終わった。

125: わらにゅー人 2014/11/29(土) 03:25:15.01 .net
俺はすぐ寝た。しかしすぐ目が覚めた。
これが現実と受け止めることができなかったからだ。

こんなあっさり終わるなんて信じられなかった。
文化祭で一瞬会っただけでもう会えないなんてありえないと思った。

寝れない俺は元子にまた連絡した。しかし返事はこなかった。

126: わらにゅー人 2014/11/29(土) 05:44:17.53 .net
ボーダー女かよ

130: わらにゅー人 2014/11/29(土) 11:49:31.48 .net
>>当方は22の大学4年です。

しかし朝になったら返事が返ってきた。

元子「今起きました。」

俺「昨日のことだけど振られるんなら振られるんでいいから一度会って終わりたい」

元子「会いたくないです。」

俺「なんで?」

元子「好きじゃなくなったからです。」

俺「けどこんな文章だけで終わるなんて納得できない。」

元子「それでも無理。ごめんなさい。」

俺「わかった。」

ちなみに俺は全然納得していない。

131: わらにゅー人 2014/11/29(土) 12:30:30.21 .net
あー相手は怒ってるね
よく理解できる
もう無理と突っぱねるね

132: わらにゅー人 2014/11/29(土) 13:13:51.01 .net
一晩たって冷静になった俺はひどく落ち込んだ。
なぜLINEであんなすぐ別れを了解してしまったのか。

数日間悩んだがやっぱり一度会って話がしたいと思い俺はもう一度連絡した。
しかも元子は昔もし別れることがあったら絶対会って話すと言っていたのだ。
それを思いだした俺はもう一度聞くことを決めた。

俺「しばらく冷静になって考えたけどやっぱり一度あってちゃんと話がしたい。
昔俺に別れる時は会うって言ってくれたの覚えている?すごくうれしかった。
終わるんならしっかりした形で終わりたい。」

しばらくしたら元子から返事がきた。

元子「嫌です。もう会いたくないレベルで嫌っているということが分かってないんですね。」

衝撃。

133: わらにゅー人 2014/11/29(土) 13:16:47.29 .net
しかし俺もなりふりかまっていられなかった。

俺「お願いだから会ってほしい。これで終わったらこの経験がなんの意味も
なく終わる気がしてならない。」

元子「私はあなたのことが嫌いです。」

数日で好きじゃないから完全に嫌いですにレベルアップしていた

134: わらにゅー人 2014/11/29(土) 13:26:41.46 .net
元子は続けた。

元子「俺さんに怒られる自分が嫌になっていくうちに、俺さんと一緒になんか
してる時は楽しいけど一緒にいて何もしてない時は楽しくないことに気付いた。」

謎理論だった。普通恋人と二人で何もしてない時に楽しいという感情が芽生えるなんてことはあるのだろうか。

135: わらにゅー人 2014/11/29(土) 13:30:37.74 .net
なんか色々とすごい

136: わらにゅー人 2014/11/29(土) 13:31:00.48 .net
俺「じゃあ嫌いになったきっかけはこの前のこと?」

元子「はい。」

俺「けどそもそもの原因を作ったのはそっちじゃない?」

元子「それでも嫌なものはもういや。やっていけないと思った。」

こんなに身勝手だとは思わなかった。

137: わらにゅー人 2014/11/29(土) 13:48:24.28 .net
だいぶ端折っているが元子の主張をまとめると。

・嫌いになったきっかけは文化祭のこと。
・俺さんと何かしてると楽しいけど何もしてない時は楽しくない。
・俺さんは人間として尊敬できるけどこれ以上やっていくのは無理だと思った。
・もう2度と会いたくないレベルで無理。

書いてて腹が立ってきた。

138: わらにゅー人 2014/11/29(土) 13:48:48.53 .net
www
馬鹿だなぁ>>1
こんな頭が足りない子はちょっと罵倒してクズ扱いして突き放せば
泣いて謎理論かまして戻ってくるしw

139: わらにゅー人 2014/11/29(土) 14:04:29.28 .net
>>138 どうなんですかねぇ

そして一番腹が立ったことをあの子は言った。
元子「昔私が俺さんを振った時は寂しかったけど今はぜんぜん寂しくないし楽しい。
だから好きと楽しいは違うということが分かったのでいい経験になった。」

俺はもうこいつはだめだと思った。

俺「分かった。じゃあ今度は一緒にいてずっと楽しいって思えるような人と付き合えばいいよ。」

そういったらもう返信はこなかった。

140: わらにゅー人 2014/11/29(土) 14:07:22.44 .net
一緒にいてずっと楽しい。そんな都合のいい人間なんているはずがない。
実際元子と一緒にいて楽しくないこともあったが楽しいことがいっぱいあったから
俺は付き合っていた。俺は十分そのことを理解していたが元子はどうやら分かってなかったらしい。

あとでツイッターを見ると元子は荒れていた。
振ったのに荒れるってどういうことなんだろう。

141: わらにゅー人 2014/11/29(土) 14:15:08.75 .net
それから数日俺はへこんだ。落ち込んだし喪失感が襲ってきた。
そしてあまりにも暇になった。今までは1週間のほとんどを元子と会っていたから
最初は何をしたらいいか分からなくなっていた。

さらに元子に振られた数日後、俺は誕生日だった。
今まで一番無力に感じた誕生日を送った。

幸いプレゼントは後輩からもらった。救われた気がした。

余談だが元子は俺の誕生日に何をあげるか考えていたらしいが結局は
謎のままである。

142: わらにゅー人 2014/11/29(土) 14:18:57.38 .net
そしてさらに月日は経った。どうやら元子は俺と別れたおかげで気兼ねなく
男友達と遊べるようになり楽しそうにしていると聞いた。

元子はもともと男友達が多く、男慣れをしている。そういうところで俺とも
何度も揉めたが俺がいなくなり制限がなくなったから自由にしているようである。

勝手かもしれないがそういう自由なところも俺は見ていて楽しかった。

143: わらにゅー人 2014/11/29(土) 14:40:33.78 .net
あーもう止めとけ
ポエムになってる

146: わらにゅー人 2014/11/29(土) 14:57:10.94 .net
こういう女ってどうしたらいいんだ?

147: わらにゅー人 2014/11/29(土) 15:16:26.87 .net
さらに数日がたった。俺はまだまだ未練があった。月日が経つにつれ
楽しかったことを思い出すし、あんなに怒るんじゃなかったという後悔も
浮かぶようになった。正直このころは復縁したかった。

そしてさらにしばらくがたった。その頃、まだ付き合っていたころ俺と元子は
あるイベントに一緒にいく約束をしていた。そのイベントは元子が一番楽しみにしていた。
しかし別れたことにより元子は行くのを辞退した。

149: わらにゅー人 2014/11/29(土) 15:28:50.01 .net
俺はそのイベントにどうしても行かなければなかったので行った。
イベント自体はものすごく楽しかった。

次の日、人づてに聞いた話による元子はイベントに行けなくてすごい凹んでいるらしい。
自己責任といってしまえばそれまでだがしかし可哀想な気持ちになった。

なので俺は励ます意味をこめて連絡をとってみた。正直これがきっかけに仲直り
できたらいいと思う下心はあったが何より励ましたかった。

そしてLINEを送った。しかし返事はこなかった。

150: わらにゅー人 2014/11/29(土) 15:30:26.33 .net
ああ、ブロックされたんだな。しょうがない。

そう思って俺はあきらめた。しかし、ツイッターで元子のつぶやきを一応確認してみると

キモい 

それだけつぶやかれていた。

153: わらにゅー人 2014/11/29(土) 15:35:18.56 .net
この瞬間、俺は目が覚めた。もう俺が好きだった元子はいない。

キモいとまた言われた悲しみと怒りがあったが完全に目が覚めた気がした。

これは最近の話だが今ではもう全く未練はない。たまに楽しい思い出として思い出すことはあるが
それはあくまで楽しかった思い出であってやり直したいという気持ちではない。

155: わらにゅー人 2014/11/29(土) 15:41:22.57 .net
今ではもう思い出すことも少なくなっている。
こうやって文章でまとめて客観的にみると
やっぱり合わないんならいずれ別れることになっていたと思うし。

うまく言えないがこのことを俺は次に生かせる気がしている。

少し記憶違いの部分や改変はありましたが以上です。読んでくれた方々、ありがとうございました。質問等がありましたらなんでもお答えします。

157: わらにゅー人 2014/11/29(土) 17:42:15.08 .net
別れた理由がよく分かりました

>>1とはつきあいたくないなと文章読んでて思ってしまった…
相手をダメ出しして怒りまくるくらいなら、とっとと別れればいいし、
別れようとすれば縋ってくるし…
別れたら別れたで連絡してくるし…
キモイ、って彼女のつぶやきに共感してしまった…

次はこれを教訓に頑張っ…てください…。

159: わらにゅー人 2014/11/29(土) 18:32:13.86 .net
せっかく>>1が必死こいて会話まで書いてるのに
>>157の目線はこういう時だけ行動と言う表面上だけ追って感情一切なし
片一方の意見だけで判断するのは危険だが
久しぶりに共感と言う名の酷い擁護を見たわ

163: わらにゅー人 2014/11/29(土) 20:05:22.58 .net
常に優しく労ってちやほやされたいだけならホストクラブにでも行っとけって話な。
付き合うってのはそういうもんじゃない。




こういうの読むと月一のデリヘルで十分だなってなる。みんなもそうだよね